貧血の症状といえば、めまいや、顔色が悪かったりなどが有名ですが、そのような症状がなくても、実は貧血であったりする場合が多いようなので、自分が貧血かどうか早めに判断して、早めに対策するようにすることが大切です。 なぜなら、貧血を放っておくと、大きな病気につながってしまうことがあるからなんです。 たとえば、肌がくすんでいたり、風邪をひきやすかったり、目のくまができやすかったり、朝起きるのが苦手だったり・・そのような症状も貧血のサインであるかもしれないとの事。 特に女性は生理があるため貧血になりやすいですし、さらにダイエット中だったりするとかなり高い確率で貧血になりやすくなりますから気をつけなければいけません。 貧血かもしれない・・と思ったらまず、食事を変えてみることが大切だと言われています。鉄分を効率的に補給できる食事を積極的にとるようにするだけで貧血を改善できた例も少なくありません。 有名なのはレバー、そしてほうれん草やひじきなどもおすすめです。