保険というものは、備えるためのものです。 例えば医療保険というのは、もしも現在病気になっている場合には加入できるものではありません。医療保険などは、病気になる前に加入する必要があるタイプのものと言えます。 何も医療保険だけではありません。火災保険などもそうです。火事になってしまってからでは、もちろん保険に加入することができないものです。 ですので保険というものは、将来に対する備えという意味合いが強いと思います。 上記の医療保険などは、健康な内から加入しておくべきものと言えます。また留学保険の場合も同様で、留学前に加入するタイプのものとなります。 ほとんどの保険は、何かが発生する「前」に加入するものというわけです。発生した「後」に加入するものではありません。あくまでも万が一の事態などが発生する前に加入するのが、保険なのです。 ですので、保険の加入は早めが良いと思います。個人的には、若い働き盛りの時期などは加入すべきタイミングかなと思います。